Photography:Tadayuki Minamoto  2015年 10月

花のこえ

垂抵の花

「垂」の字を見てみる。
たれる、ほどこす、
後世に伝える、国土の果て、
草木の垂れさがる様、
まさに及ぼうとする義、
などと出てくる。
「垂掛之治」とは、天子の徳により
無為にして世が治まること。
平和は、知や欲が
過ぎないところにある。
真に向き合って、最後の結果は
天に任せて昼寝でもしようか。
そんな花をしたい。

花器:「滝の瓶」 荒川尚也
花:コエビ草


--> これまでの掲載

お知らせ

第一回 旧藏内邸 文人さろん

一滴の茶 一茎の花

山陽、竹田、漱石が訪ねた豊前の文人文化
2018年11月24日[土]

文人の聖地 耶馬渓を行く

頼山陽が「耶馬渓」と命名して二〇〇年
2018年11月25日[日]


主催:築上町/築上町教育委員会
協力:一茶庵/青蓮舎/中津市教育委員会


--> 詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

Photography:Tadayuki Minamoto

花士 珠寳 | はなのふ しゅほう

京都の慈照寺(銀閣寺)にて初代花方を務める。同寺の国際文化交流事業ではフランスや香港、アメリカ、メキシコ、台湾などでの文化交流プログラムでさまざまな国や民間の文化施設、団体などと交流。音楽や現代アート、工芸、建築などの分野の国内外のクリエーターとも協働。国内外の音楽フェスティバルや展覧会などのイベントにも参加。

2015年に独立し、草木に仕える花士(はなのふ)として、大自然や神仏、時、ひと、場所に花を献ずるなど「花をする」ことを国内外で続ける。同年、青蓮舎花朋の會を設立し京都、九州、東京の教場で、花を通して、豊かな生活時間を作ることを提案している。

2016年から、香港に加え中国本土でも活動し、外務省が日本文化を海外で発信する事業「JAPAN HOUSE」にも関わる。

2017年より京都造形芸術大学美術工芸学科客員教授として教鞭をとる。

著書に『造化自然 -銀閣慈照寺の花-』(淡交社)、『一本草 -花が教える生きる力- 』(徳間書店)がある。


--> 献花・その他活動

ギャラリー-->その他写真・動画

タイトル:Magnolia / Shuho 02
メディア:C-print
サイズ:125x160cm
制作年:2014年
作家: Atsunobu Kohira / 小平篤乃生
Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Tokyo and Galerie Maubert, Paris
Movie : Clarins/クラランス  photo & direction : T.MINAMOTO
Movie:JAPAN HOUSE Concept Movie
Movie:「すさまじきもの」-Alexandre Maubert

出版物

花信のこころ -花と禅-
-昭和堂/2009
花の実作協力

造化自然 銀閣慈照寺の花
-淡交社/2013
著書

IKEBANA au Musee Cernuschi
-Findakly出版/2014
花の実作協力、文章(花実作、所作、道具解説)

一本草 -花が教える生きる力-
-徳間書店/2016
著書

KYOTO JOURNAL 89
-KYOTO JOURNAL/2017
表紙、紙面インタビュー記事掲載

Installation kaguya: One Sixth
Silver moon
写真・対談・座談会

Installation kaguya: One Sixth
Full moon
写真・対談・座談会

メディア

TV、ラジオ、新聞
テレビ(NHK、BS放送、TV朝日、TOKYO MX、KBS京都、その他民放局、Canal Once(メキシコ))、ラジオ(NHK、J-WAVE、France Culture)、新聞(京都新聞、朝日新聞、読売新聞、その他地方紙、Le Mondeなど)など。
-
雑誌
「家庭画報」(2009年7月号、2010年9月号、2011年1月号など)、「まいんど」(2010年~2017年、公益財団法人フルハップ広報誌連載)、「文藝春秋」(2012年10月号)、「独楽」(2014年7月号)、「民周 Minpao(香港の情報誌)」(2014年春号)、「Telerama (フランスの情報誌)」(2014年12月)、「婦人画報」(連載「自然の譜」2015年4月号ー2016年3月号など)、「別冊ディスカバージャパン」(2015年6月号)、「National geographic traveller Chinese」(2015年春号)、「美術手帖」(2015年10月号)、「花の友」(2016年4月号)、「花椿」(2016年10月15日刊行、814号)、「クロワッサン」(2016年11月25日号)、「シグニチャー」(2017年3月号)、「シティリビング」(2017年8月18日号)、「プレジデントウーマン」(2017年10月7日発売)、「Kyoto Journal」 (2017年10月末刊行、89号)など多数。

花朋の會

京都 / 東京 / 九州

青蓮舎花朋の會は、花と向き合う時間を通して、日常をより豊かにすることを楽しみとする方々で構成されている朋の會です。

 → →